いつ我儘しましたか?仕事ばかりになってない?ワンオクのライブで気づいた心はボロボロだったという真実

いつ我儘しましたか?仕事ばかりになってない?ワンオクのライブで気づいた心はボロボロだったという真実こんにちは、トモです。


静岡県浜松市、渚園で行われたワンオクロックの野外ライブ。


僕は55000人の中の一人として参加した。

ワンオクの音楽に合わせて、
僕は飛び跳ね、拳を空に高々と突き上げ、声を枯らし、叫んだ。


ワンオクの音楽が、歌詞が、
僕の心を突き刺した。


気づけば、涙が出ていた。



僕たちには、夢があった。


サッカー選手になりたい
野球選手になりたい
歌手になりたい
アイドルになりたい

人の数だけ、人それぞれの夢があった。


だけど、
僕たちは大人になるに連れ、
その夢は薄くなっていく。


愛する人が出来て、結婚。
そして、世界中で最も愛すべき子供たちを授かった。


だけど、どうしてだろう?
何故だろう?


そんな愛する人たちが増えていく中、
心が寂しくなっていくのは
生きていくのが辛くなっていくのは
何故だろう?



日々、仕事や子育てに追われ、
僕たちは、いつの間にか
自分の夢を追うことさえなくなった。


感情を押し殺し
自分の我儘も言えず

家族のため、子供のためと
ただ毎日を生きてくだけになった。



我儘を言ったのはいつだっただろうか



僕のやりたいこと
僕の欲しい物を買えたのは
いつだっただろうか?



いや、それすらも分からなくなっていく。



そんな人生がこの先も続いていくのだろうか?
僕たちは、大人になり、親になった。


その代償は、
夢を諦めることなのだろうか?
やりたい事をがまんすることなのだろうか?
我儘を言わないことなのだろうか?


ただ子供たちだけのために
これから僕たち親の人生はあるのだろうか?


もっと僕たち自身の今現在の時間を大切にすべきではないだろうか。

ママ友から学んだqolの本当の意味。将来より今が大切だと思う。



年に一度だけの我儘



僕の我儘は、年に一度
大好きなワンオクロックのライブに行くことだ。


今回も、僕は我儘を言わせてもらった。


静岡県浜松市の渚園で行われるワンオクロックの野外ライブに参加すること。


僕は仕事を休み、家族を置いて
たった一人で浜松までワンオクのライブを見るためだけに行った。
img_1516
ライブチケット
新幹線を含む交通費
ホテル代
その他もろもろ合わせて
かかった費用は、5万円以上。


たった2日、僕一人が
ワンオクのライブに参加するだけでこれだけかかった。


だけど、これが僕の我儘だ。


もちろん理解はしている。
こんな我儘を言えるのもお金があるからだ。



お金が全てじゃない



そう言う人の方が多いけど、
僕はそうは思わない。


お金がなければ、家族は守れない

子供の将来にだって影響があるだろう

そして、
我儘を言うことすらできない



僕たちは、親である前にひとりの人間なんだ。



僕たちが、何のために生まれて
何のために生きているのか?

それは、人によって考えは違う。


だけど、もし、いまの現状に納得していないなら、
どこかで、いつか勇気を出して変わろうとしないといけない。


それが、僕にとっては
せどりやアフィリエイトだった。


もちろん、
稼げるようになったからと言って
悩みが全て無くなるわけじゃない。


だけど、
確実に悩みの数は減る。



仕事でボロボロになった心を癒すには?


僕はワンオクのライブに参加することで
僕の心は軽くなる。


嫌なことも辛いことも全部なくなるわけじゃないけど、それでも心が軽くなる。


僕にとって、ワンオクのライブは
仕事でボロボロになった心を癒してくれる。

親という立場のなか、
子供のためにと我慢している数々の自分自身では気づかないストレスを発散してくれる。



また頑張ろう


そんな気持ちが湧いてくる。

頭がスーッとクリアになる。


我慢せずに、やりたいことをやろう
やりたいことが出来るように
我儘を言えるようになろう



少し勇気を出せば、未来は、
僕たちの将来は確実に
少しずつかわっていくはず







最後に








あなたは、いつ我儘を言いましたか・・・






---------------------------------------------------------------------------------------------
なぜ普通の専業主婦が月50万円も稼げるのか?
以前はお金のことで夫婦喧嘩ばかりの日々でした。
時には離婚届を出されたこともありました。

だけど、今では全くお金のことで夫婦喧嘩をすることが無くなり
仲良くのんびりと過ごせるようになりました。

なぜなら副業で毎月50万円稼げるようになったからです。

副業で月収50万円稼いでいるというと
超怪しいですよね。

『ウソでしょ、そんなことできるわけない』
そう思われるかもしれませんが、これは紛れもない事実なんです。

どうせ才能があったからでしょ?
とか言われたりもしますが、

ビジネスの才能どころか勉強でもスポーツでも
特に何かを誇れるような実績も自信なく
本当に、私たちは
普通のどこにでもいる夫婦でした。

この体験をとおして
学べば、誰でも稼ぐことができる
そしてみれと達が月収50万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

ぐうたら専業主婦が副業で月収50万円を稼ぎ社長になった物語。
------------------------------------------------------------------------------------------
【下記画像をクリックして、副業月収50万物語の続きを読む】 Temp

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<


コメントを残す