せどりで仕入れの際、送料が劇的に高額になる本の厚みが3cm以内かどうかを調べる方法について

せどりで仕入れの際、送料が劇的に高額になる本の厚みが3cm以内かどうかを調べる方法についてこんにちは、みれとです。

仕入れの際に、一番気をつけることはなんでしょうか?
と聞かれたら、

たくさんあるのですが、
その中でも
この問題を気にせずに仕入れちゃうと
致命的に利益率が減ってしまう
もしくは
赤字になってしまう

そんな事がせどりの仕入れにはあります。
IMG_2169



今回、たまたま
メルマガ読者さんからその問題に関する質問があったので
シェアしちゃおうということで、
話していきますね


その問題は、
『商品の厚みが3cmを超えたら
送料が劇的に高額になっちゃいますが、
どうしたら良いですか?
仕入れ前に3㎝以内かどうか分かる方法ありますか?

という問題です。

それで早速始めていきましょう!

基本的には3cm以内が基準です


せどり、特に本せどりの場合、
本の厚みが3cm以内


というのは
すごく大事な仕入れ条件になります。


なぜなら
厚みが3cmを超えちゃうと
送料が劇的に高くなってしまうからです。

扱っている運送会社や
特約を結んでいるなどの条件もあるので
一概に、3cmを超えたら
送料がいくら高くなる?
とは言えないですが、

私達の場合、
配送方法によっては2㎝を超えると
送料が変わってしまうのもあります(;’∀’)


なので、
何センチまでなら大丈夫?
というのは、
ご自身が利用されている配送会社の規約や価格表を確認しないと分かりませんが、
いずれの配送会社を利用しても
基本的には
3cmを超えると送料が高くなってしまいます。


しかも
その値上がりは10円に20円と言ったものではなく
100円単位で高くなったりするので
仕入れた商品の価格によっては
利益率が相当落ちてしまったり、
場合によっては
赤字になる事もありますからね。


なので、
仕入れする前から3cmを超えそうな
商品は仕入れしないほうが良かったりします。

売れても赤字!

なんて
本当に意味ないですからね(;’∀’)


とは言うものの
私も何度も経験があって、

あと、数ミリ細ければ、
安い送料で行けたのに、、、( ;∀;)

と、悔し涙を流したことは何度もあります。


それを旦那に話すと、

『数ミリね。。。( 一一)』

と、
私のウエストを見ながら
冷ややかな目で見てきますけど、、、(;’∀’)


『な、何よ!
数ミリどころじゃないって言いたいの?』


はあ、ダイエットしよう。。。( ;∀;)


そんな話はさておき

本当に数ミリの差で送料が数百円も変わったら
本当にたまったもんじゃないですからね。


仕入れ前に3㎝を超えているか調べる方法とは?


じゃあ、どうやって
仕入れの際に、3cmを超えているかどうかを
調べるのか?
と言いますと、

例えば、
自分の小指の関節のどこからどこまで3cmか?

C854_akacyan-thumb-815xauto-15060


スマホのケースに印をつけておくとか
そういった方法が一番楽です。


財布に物差しを入れているせどらーさんもいますけど、
意外とですね、
仕入れの時に、財布を出すのが面倒だったりするし、
スマホ持って商品も持って、物差し持って、、、
となるととても大変だったりします。


大変だな、面倒だな
と思ってしまうと、
人はやりたくなるので
せっかく物差しを持っていても
結局、測定せずに目視で
多分いけるだろう
と仕入れてしまって
家で確認したら
やっぱり3cm超えていた

なんてことは
もちろん体験済みですw


なので
どこからか取り出すのではなく、
すでに出しているもの、ある物を使ったほうがいいです。



あと、最近だと
スマホで長さを計測できるアプリもありますけど、
測る距離が3㎝という
かなり短い距離なので
誤差が出過ぎて
ちょっと怖いです。

1mに対しての数センチの誤差なら良いですが
3㎝に対して数ミリの誤差は
大問題になってしまうので!



だから
私は指の関節を目安にしたり
スマホケースのここからここまでが3cm
という風に目安としています。


スマホケースに予め目安を付けておくのが
一番、誤差がないです。


指の関節とかだと
目安にはなりますけど
むくんだり、
もう成長することはないですが、
毎日同じか?
と言われると、微妙なところもありますしね。


ところでですが、


じゃあ3cm以上の商品は仕入れない方がいいの?


ということに関しては
全然話は変わりまして、

それは利益率によります。



元々が薄利の商品だと送料が高くなると
赤字になる可能性もありますし、
もっと薄利になると
意味がないというか

もちろん
どれだけの利益を取りたいのか
個人の考えるところですけど、


例えば
100円の利益が
送料が高くなることで
10円の利益しか出ない

なんてことになるなら
たった10円のために清拭して梱包して
と手間暇を考えたら
時間や労働力が勿体ないですからね。


じゃあ
いくらなら?
と疑問になるかもしれませんが、

それは本当に
あなた自身がどれだけ利益が欲しいのか?
という事と
あとは、
商品の売れ行き次第だったりします。


例えば
1分間に1個売れるような人気商品なら
薄利多売でも全然良いと私は思ってます。

ですが、
1年間で1個しか売れないような商品なのに
利益が300円くらいしかない

となると、
値下げのリスクもありますし
お金が動かないという問題も出てきますので
私なら仕入れはしないです。


逆に、
1年間で1個しか売れなくても
その商品が売れたら
1万円の利益が出るなら
仕入れしますよ。
※もちろん仕入金額にもよりますが。
IMG_4913



なので、
大事なのは、いろんな問題を複合的に考えることです。


・売れ行き
・利益率
・ライバルの数
・仕入金額
・資金などなど

いろんなことを考えながら
仕入れのリスクを減らしつつ、

これなら
最悪プラスマイナスゼロでもいける!


そう思える商品を仕入れた方がいいです。

もちろん
稼ぐためには
リスクを取らないといけないときもありますが、

と言うよりも
どこかで割り切ると言うか
絶対に100%はあり得ないので

そこは勇気を出す事も必要だったりしますけど

仕入れの前は
出来るだけリスクを考えながら
仕入れてます。



おまけ


ところでですが、
質問者さんからの質問で

3cmを超えるという問題で
これは仕入れない方がいいと言う商品はありますか?
ということなのですが、

例えば
図鑑とか辞典とか
元々分厚い商品。


という事なのですが、
逆に狙い目だったりしますw



多くのせどらーさんは
3cmのことがあるので
あまり分厚い商品を仕入れようとはしません。

だからこそ、逆に
分厚い商品をリサーチしてみる
仕入れ出来る商品を見つけることができたりします。


もちろん
送料は必然的に高くなるので
あまり薄利な商品はおすすめしませんが

利益幅のある商品なら
おすすめだったりします。


分厚くても利益が出る商品は
意外と多いんですよー



まとめ


今回はせどりの仕入れの際
厚みが3cmを超える商品をどうすれば良いのか?
ということについて解説してみました。


せどりは基本的なノウハウの部分は
共通していますけど、

色々と自分なりに考えてやってみると
ライバルが全然いない商品を見つけることができたりします。


固定観念で
これは無理だろうな
と思っている商品ほど、
利益が出る仕入れができる商品だったりしますからね。


お宝商品を見つけた時の
あの感動というか

ストレートに言えば

これが5000円の利益になるのー(;゚Д゚)


という喜びと

これで、今日は外食しちゃおう!
IMG_2299


というウキウキ感w


これがあるから
せどりはやめられないですよねー


---------------------------------------------------------------------------------------------
自宅で超簡単に月5万円以上を稼げるノウハウを惜しげもなく公開中

パートやサラリーマンだけの世界から、ちょっと抜け出してみたいと思いませんか?

気軽に家族で旅行に行けるように。
子供たちの好きなことをさせてあげたり。
ディズニーランドに家族で遊びに行ったり。
美味しいものを食べに行ったり。


これらの事を可能にするのは、
パートをがんばったり、
子供の寝顔しか見れず、早朝から夜遅くまで仕事を頑張ることではありません。

ネットで、スマホで、
ゆる~く、のんびりと自分たちの力で稼げるんです!


みれとのメルマガでは、
普通の専業主婦が、平凡なサラリーマンが
せどりやメルカリで自宅で超簡単に月5万円以上を稼げるノウハウを惜しげもなく公開中です( *´艸`)

このままで、あなたの将来は、安心と思いますか?
このままで、子供たちの未来は幸せになると思いますか?

ちょぴりの勇気を出して、
未来の楽しい生活を手に入れてみたいと思いませんか?

そう思ったら、
みれとのメルマガで新しい世界へ。


登録はもちろん無料で、
メルカリで売り上げをアップさせるノウハウを
プレゼント中(期間限定)です~(*'▽')


みれとのメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

ぜひ、一度読んでみてくださいな~(ΦωΦ)

登録はこちらから



20151123_175815


コメントを残す