アマゾンの購入者から返品依頼が来た!出品者は応じなければダメ?

アマゾンの購入者から返品依頼が来た!出品者は応じなければダメ?こんにちは~


桜の季節ですね~
よし、子供たちも春休みだから
明日はお弁当作って花見に行こうかなぁ
って考えていて、朝起きたら・・・
雨でした(;・∀・)


ヾ(・∀・;)オイオイ
勘弁してよ~


と思いつつも、

弁当作らなくてもいいから、ラッキー

なんて心の片隅で思っている みれとです(笑)
20150210_160243

ところで・・・


前回のアマゾンの返品理由について書いた記事ですが、
かなりの反響がありまして、
たくさんの方から、メールをいただきました。

マジかぁ~、そりゃ~腹立つでしょ・・・
って感じのが本当にたくさんあり、

想像以上に、他の人もいろんな理由で返品されて
怒りが満ち溢れているのだなぁ~
って思いました(;・∀・)


ちなみに、その記事読んでないよ~
って、あなたはこちらからどうぞ(*゚▽゚*)
↓ ↓ ↓ 
amazonの返品理由を見たら、怒りが込み上げてきませんか?



ですが、せどらーとしては、
アマゾンの出品者として、
アマゾンから出品させて頂いている限り
どんな理不尽な対応を受けても
アマゾンの規約は守らなければなりません・・・つ、ツラいヽ(;▽;)ノ


FBAに搬入している商品であれば、
アマゾンのスタッフが対応してくれるので、
規約違反などの問題はほぼないのですが・・・


意外とせどり初心者で、自己出品の出品者の人は、
アマゾンの購入者さんから返品依頼があっても
どのように対応して良いのか分からないって人が多いです。

そもそも、返品って応じないとダメなの?

ってことが疑問だったりしますよね(笑)


みれと達も、
せどりを始めたばかりの頃は、
アマゾンの規約なんて、ほとんど読んなかったので、
アマゾンの購入者さんから返品依頼が来ると

ナンデヤネン!

ナンで返品受け付けなあかんねん!


って思って、
実際、返品を断ったら、
購入者さんがアマゾンに連絡して
アマゾンさんから、
返品依頼を受け付けるように指導が入りました(笑)

これには、深いわけがあるのですが・・・

という事で、今回は

アマゾンの購入者さんから返品依頼があったら、
出品者は返品に応じなければいけないのか?(自己出品)



について、
アマゾンの規約を確認しながらお話したいと思います。



アマゾンの規約は複雑すぎる!



あなたは、アマゾンの返品規約を読んだことありますか?
みれと達は、先程も言っていたように
ほとんど読んだことがありませんでした。

ですが、アマゾンの購入者さんから
返品依頼があったので、
出品者としては、何らかの対応はしないといけないので
アマゾンの規約を読んでみたのですが、
本当にアマゾンの規約って複雑なんですよね。


簡単に説明すると、
アマゾンの規約は2種類あるのです。

出品者側の規約と
購入者側の規約


そして、それぞれ記載されている内容が異なるので
これまた質が悪いのですΣ(゚д゚lll)



アマゾンの出品者側の返品規約を読んでみると・・・



アマゾンの出品者側の返品規約にはこのように謳われています。

以下のような場合、
出品者は購入者からの返品・返金・キャンセルの要望を受け付ける必要があります。

購入者が返品を希望する場合

購入者が返品リクエストを送信したとき、
商品到着から30日以内にその通知が送信されたことが確認できる場合に限り、
購入者都合による返品を出品者は了承しなければいけません。

*アマゾンの規約から抜粋


つまり、
商品到着から30日以内なら返品に応じろ!


ということです。

まぁ、理不尽な\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

と思いますよね。

でも、まぁこれは仕方がないといえば
仕方がないのですが、

話が複雑になるのは、
これからです・・・

続いて、購入者さん側のアマゾンの返品規約を見てみましょう。




購入者側のアマゾンの返品規約を見ると



ステップ1:返品の可否や返品条件を確認

商品が返品対象かどうか、出品者の返品条件を確認します。
出品者が独自の返品条件を設定している場合もあります。
出品者が独自の返品条件を設定している場合は、
条件に従って出品者に返品の依頼をしてください。

*アマゾンの購入者側の返品規約から一部抜粋


如何ですか?

(゚д゚)(。_。)_。)?
ってなりませんか?


購入者側のアマゾンの返品規約では、
出品者によって返品ルールが異なるので
確認するように
なっています。

つまり、出品者側のルールで
返品が可能か不可能か決めて良い



とアマゾンは言っているのですΣ(゚д゚lll)



ここで、問題が生じます。

アマゾンの返品規約
出品者側と購入者側

相反するような返品規約ですが、
どちらを遵守すれば良いのか?

shinpai_obaasan
みれと達も、悩みました。
そして、みれと達は、
独自の返品ルールでいいんじゃね( ´艸`)ムププ

って軽い感じで、返品を断ったら、
冒頭のように、アマゾンさんから指導が入りました・・・(;・∀・)


ナンデヤネン!
アマゾンの規約にも書いてあるやん!
出品者独自の返品条件があるって!

訳が分からない、みれとは、
アマゾンに直接、バトル(電話)してみました。

その結果は・・・



アマゾンの返答内容は・・・



みれとは、尋ねました。
20150210_155621
出品者側のアマゾンの返品規約には
30日以内なら、返品を受けるように書かれていますが、

購入者側のアマゾンの返品規約には
出品者側独自のルールに従ってください


とありますが、実際、購入者さんより返品依頼があった場合、
どちらを遵守すればいいですか?


アマゾンのスタッフは言いました。

基本的に、自己出品者さんは、
アマゾンと同じ規約を遵守しなければなりません。

だから、出品者側のアマゾンの返品規約を遵守してください。



みれとは、ツッコミました。

それなら、購入者さん側のアマゾンの返品規約で
出品者の独自の返品条件があるので確認するように

と書かれているのは、どうしてでしょうか?


アマゾンのスタッフは、少しひるんだ。

それは・・・
ごく僅かですが、出品者さんが独自に返品条件を作っている方がいるので、
そのために、そう書いています。


みれとは、さらにツッコんだ。

それなら、独自で返品条件を作っていいのですか?


アマゾンのスタッフは、ひらりと身をかわした

それは、ダメです!
独自に返品条件を作れるのは、
アマゾンが出品を依頼しているなどのほぼ大手の出品者のみに
許可されている行為です。


アマゾンのセラーセントラルの右上の設定タブの
情報・ポリシーというところをクリックして
写真のようなコメントが出れば、
アマゾンの規約を遵守してもらわなければなりません。

逆に、返品条件を変更できる出品者さんは、
こちらから変更できます。
20150401_093919

みれとは・・・
返事がない・・・ただの屍のようだ。



アマゾンの規約から出品者がとるべき対応は?



ということで、要約すると



アマゾンの購入者さんから返品依頼があった時は、
自己出品の場合、
商品が到着後、30日以内の返品依頼なら
その返品には応じなければなりません。


ただし、極まれに、
アマゾンが認めた大手さんなどの出品者さんは
独自の返品ルールを定めることができ
それに則って対応することができるということです。



まぁ、色々と言いたいことはありますが、
せどりの販売ルートとして、
アマゾンを利用させてもらっているので、
あまり強いことは言えませんよね~。


でも、せめて
それならそれで、もう少し分かりやすいように
記載してくれても良くない?


と感じる みれとなのでした・・・。


とは言え、実際に、返品理由によっては
いかに個人出品者といえど、
返品の対応内容が変わってきます。


それについては・・・
長くなったので次回に・・・(/ω\)

to be continued・・・
↓ ↓ ↓
アマゾンで返品にあった!送料などは誰が負担するの?



---------------------------------------------------------------------------------------------
なぜ普通の専業主婦が月50万円も稼げるのか?
以前はお金のことで夫婦喧嘩ばかりの日々でした。
時には離婚届を出されたこともありました。

だけど、今では全くお金のことで夫婦喧嘩をすることが無くなり
仲良くのんびりと過ごせるようになりました。

なぜなら副業で毎月50万円稼げるようになったからです。

副業で月収50万円稼いでいるというと
超怪しいですよね。

『ウソでしょ、そんなことできるわけない』
そう思われるかもしれませんが、これは紛れもない事実なんです。

どうせ才能があったからでしょ?
とか言われたりもしますが、

ビジネスの才能どころか勉強でもスポーツでも
特に何かを誇れるような実績も自信なく
本当に、私たちは
普通のどこにでもいる夫婦でした。

この体験をとおして
学べば、誰でも稼ぐことができる
そしてみれと達が月収50万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

ぐうたら専業主婦が副業で月収50万円を稼ぎ社長になった物語。
------------------------------------------------------------------------------------------
【下記画像をクリックして、副業月収50万物語の続きを読む】 Temp

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<


コメントを残す